全身脱毛サロン専門店シースリー札幌大通店の評判が良い理由

江戸時代の遊女達は脱毛をしていたらしいです。

江戸時代の遊女の暮らしぶりはインターネットで検索したり、本を読めばだいたい分かります。美しくて悲しい遊女達に興味がある人が多く、情報は多いです。しかし、遊女がどうやって男性を魅了していたかは、はっきりした事が書いてある文章は少ないです。きっと、床上手だったんだろうな‥ぐらいですよね?しかし、意外にも遊女が男性を魅了するために脱毛をしていた事はあまり知られていません。なんと、遊女はアンダーヘアを脱毛してつるつるにしていたんです!
全く毛がない状態だったらしいです。

 

どうやってつるつるにしていたかというと、ピンセットで一本づつ抜いていたそうです。また、線香で焼きとるという方法もあったそうです。

 

江戸時代なので、レーザー脱毛もブラジリアンワックスもない時代です。だから毛は、一本づつ抜くしかなかったのはしょうがないです。それにしても、ピンセットでつるつるの肌になるのは気が遠くなる作業だな‥と頭がクラクラします。

 

なぜそこまで脱毛していたかは推測するしかないんですが、江戸時代には電気がなかったからだと思います。ろうそくの火でお客さんを相手にしなければいけないので、お客さんだって時には手探りで遊女と遊んでいたのかもしれません。

 

 

だから、見えやすいように脱毛していたのかもしれません。今は脱毛器があってよかったと思いました。

 

 

>>全身脱毛の驚きの知識はこちら<<

ホーム RSS購読 サイトマップ